ダーツ大好きサラリーマンです。投げに行く機会はあまり取れないのですがいかにしてダーツを上達させるか、色々考えてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

ダーツにはさまざまなゲームがありますが、基本となるルールがあります。
まずはその基本となるルールを説明します。



☆☆ 点数の数え方 ☆☆


下の図にあるように、ダーツボードはピザのように扇(オウギ)型に点数がわかれています。
点数の数え方


単純にいえば周りに書かれている点数がそのエリアの点数となりますが、得点が2倍、もしくは3倍になる部分があります。
外側の2倍の部分をダブル中間地点の細い部分が3倍でトリプルといいます。ダブルの外側は点数は入りません。
中央の丸い部分をブルといいます。ブルの中心部分をダブルブルまたはインナーブル、その外側をシングルブルまたはアウターブルといいます。
シングルブルは25点、ダブルブルは50点となります。
(シングルブルはゲームの種類によっては点数が変わります(ブル全体が50点となるゲームがある))

ここですでにお気づきだと思いますが、ダーツはど真ん中が一番点数が良い訳ではありません。
一番点数が高いのは20のトリプル(3倍)の60点です。
ただし、最近流行しているソフトダーツ(エレクトリックダーツ)では、上に書いたとおり、ほとんどのゲームでブルはブル全体を50点とみなす事が多いので、点数争いのゲームでは、狭い20のトリプルを狙うよりは、ブルを狙うのが一般的です。
ブルは狭いイメージがありますが、実はソフトダーツの場合、シングルの外側(トリプルとダブルの間)とあまり変わりません。写真はハードダーツですが、ソフトダーツの場合はブルはかなり大きいです。
でも最初はこれがなかなか入んないんですけどねf(^_^;)

そうそう、ダーツは3本の矢を投げて1ラウンドといいます。
それをゲームによって8ラウンドとか、10ラウンドとか投げ合って
勝敗を決めます。


☆☆ 投げ方 ☆☆
スローライン
ダーツボードから243cm離れた場所(床)にスローラインが書かれています。スローラインは通常踏んでもかまいませんが、足が前に出てはいけません。
トーナメントなどシビアな局面以外はあまりうるさく言われることはないと思いますが、紳士的なスポーツであることを忘れずにルールは自主的に守りましょう。
1センチ前に出ることより、正確なスローの方がよほど大事です。

スタンス
そのうち書きます。。。。



☆☆ ゲームの種類 ☆☆
上でも書きましたが、ダーツにはいろいろなゲームがあります。
その中でも特に知っておきたいゲームについて、ご説明します。
絶対に知っておいて欲しいのは以下の3種類、知っておいたほうが良いゲームをその後にいくつか書いておきます。

知っておきたいゲーム
<その1>Countup(カウントアップ)
その名のとおり投げた点数の合計を競うゲームです。
8ラウンド(24回投げる)で何点いくかを争います。
というよりPractice(練習ゲーム)ですので人と争うというよりはその後のセロワンやクリケットなどのウォーミングの要素が大きいです。
600点超えればまあまあ
800点超えると『うまい』
1000点超えると『すごい』
1200点超えると『指で押している』
といわれます。(1200点はうそです(一部ほんとかも^^;))


<その2>01(ゼロワン)
その名のとおり、301,501,701などの持ち点から刺さったダーツの点数分を引いていき、先に0点もしくは規定のラウンドを投げて持ち点の少ないほうが勝ちとなるゲームです。
お店や持ち点によってラウンド数は変わりますが、
301なら10ラウンド
501なら通常15ラウンド、少ないところは10ラウンド位です。

残りの点数より大きい的に当たってしまった場合はBUSTといい、そのラウンドの投げる前の点数に戻ってしまい、次の人の番になってしまいます。

攻め方としては、始めのうちはとにかくブル(BULL)を狙い点数を減らしていきます。
持ち点が180点以下になったら、どうすれば上がれるかを考えながら投げていくことになります。
たとえば残りが140点となったとします。
その場合はBULL,BULL,20のダブルで上がりです。
3投目が20のトリプルに入ってしまった場合は160点ですので、BUST。
次に投げるときはBULL2回の100点は引かれず140点からのスタートとなります。
難しいルールでは、ダブルイン(最初にどこかの数字のダブルに入らないと減点が始まらない)やダブルアウト(最後にダブルで上がらないと上がれない)のルールがありますが、ソフトダーツではあまりメジャーではありません。
でもダブルアウトするとやっぱりかっこいいです。(笑)
うまい人がシングルで上がると、ブーイングが出たりします。(苦笑)


<その3>CRICKET(クリケット)
ダーツボードのうち20,19,18,17,16,15,BULLのみを使用して争うゲームです。
単純な点数ゲームではなく、陣地取りゲームの要素が高く、戦略性が要求されます。
ゲームする人数により若干ルールが変わりますのでここでは、一番多い2人での場合を説明します。

上記の数字に3点(シングル1点、ダブル2点、トリプル3点)先に入れるとその人の陣地(オープン)となり、以降その数値の点数が加算されるようになります。相手が同一の数値に3点入れる(クローズ)とその数値では得点されなくなります。
上記の数字とBULLすべてがクローズされ(もしくは規定ラウンド終了)かつ相手より点数が多ければ勝ちとなります。
非常に戦略性の高いゲームですので、細かい説明をしていると一冊の本になってしまいますのでここではルールだけを説明に留めておきます。


多くの場合は01とCRICKETの組み合わせで勝負をして、勝ち賭けを決めることが多いです。
ですので、BULLばかりが得意でも、トリプルを狙えないと勝負には勝てないことになります。

<その他のゲーム>
ROTATION(ローテーション)
1から順番に狙っていき的に当たれば次の数字を狙っていくという単純なゲームです。
狙った番号以外に刺さっても得点にはなりません。
8ラウンドで終わりですが、1ラウンドの3投目に狙った的に当たると、ボーナスとしてそのラウンドで3投追加になります。
また、ダブル、トリプルに入るとそれぞれ2マス、3マス進めます。
(1のトリプルにヒットすれば次は4を狙う)
最後にブルに3回ヒットすれば終わりです。(ダブルBULLは二回分)

EAGLE'S EYE
BULLだけを狙うゲームです。
BULL以外に刺さっても得点にはなりません。
シングルBULL(S-BULL)は25点、ダブルBULL(D-BULL)は50点です。
8ラウンド投げてその得点を競います。

CRICKET Countup(クリケットカウントアップ)
上記のクリケットナンバーを指定順に投げてそのカウントを争います。
指定された番号以外の栗カットナンバーにヒットしても得点にはなりません。
クリケットの練習用ゲームです。

HARF-IT(ハーフイット)
上記のクリケットナンバーを指定順に投げてそのカウントを争います。
ただし指定番号にラウンド中1度もヒットしない場合、今までの得点が半分になってしまいます。
かなりの集中力と技術が要求される練習ゲームです。

その他
その他練習用ゲーム、パーティーゲームなどまだまだいろいろありますので、実際にいろいろ試してみていただくといいと思います。


イージーアップテント
スポンサーサイト

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

☆☆ ダーツの歴史 ☆☆

ダーツの起源は正式には不明のようですが、イギリスの百年戦争時に兵士たちがワインの樽底に向かって槍を投げてその技術を競い合っていたのが起源という説が有力のようです。
その後戦争が終わり、国に戻った人々がパブで同様に競い合ったのがスポーツとしての始まりといわれているようです。
木の年輪および日が経つにつれて出来た縦の割れ目で点数を分けて競うようになり、その後今のような数字の配列、トリプル、ダブルなどができ、よりゲーム性が高くなっていったようです。
同様にスローライン(投げる場所)までの距離、的の高さなどが正式に決まり、スポーツとして確立されていったそうです。
こちらはティップ(ポイント)が金属で出来ているためハードダーツと呼ばれています。
ちなみにハードは的までの距離は237cm
地面からブルの中心までは173cmです。



☆☆ ソフトダーツの歴史 ☆☆

ソフトダーツの歴史は浅く25年ほど前にアメリカで開発されました。
何でも勝手に独自ルールを作ってしまうアメリカらしく(^_^;)、ハードダーツで決められていたダーツボードの大きさは拡張され、的までの距離もその分延長されました。(的までの距離は243cm、高さは同じ)
ちなみにボードのサイズは15.5インチ、ハードボードは13.2インチですからいかに大きいかがわかりますね。


今ではダーツライブのようにICカードとインターネットを利用したデータの自動収集により、個人の成績を計算して全国規模でランキングをしてくれるダーツ台などが人気を集めています。


コスモ・ザ・カード・オーパス

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

まずはこれから始めようと思っている方のために、ダーツの基礎について説明します。


ダーツの歴史や、ルールについて説明しますので、ご存知の方は読み飛ばしてください。



手掌多汗症治療(SCM) 小森正裕

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

ダーツの歴史、ルールで触れている以外はすべてエレクトリックダーツ(ソフトダーツ)を前提に書いています。

私自身それほどダーツ暦が長いわけではありませんので、上級者の方から見ると『??』な部分があるかもしれません。
その場合はぜひご指摘ください。
よろしくお願いします。


サクッと身長アップ↑モデル伸長法 川本彩

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。