ダーツ大好きサラリーマンです。投げに行く機会はあまり取れないのですがいかにしてダーツを上達させるか、色々考えてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

ダーツ初めて2年になりますので、いまだにCCフライトでうろうろしている自分がうまくなる方法なんて言うのもおこがましいのですが、私みたいにうまくなれないで挫折していってしまう人が一人でも救えたらなぁって思います。
私は挫折してませんよ^^;
うまく慣れなくても楽しめますからダーツは(^_^)


さて、
すぐにうまくなれる人、なかなかうまくなれない人の違いって何なんでしょう・・・

センス?
あるかもしれません。
でもセンスなくてもちゃんと練習すればそこそこ(最低でもBB)にはいけると思います。

情熱?
ありますね、これは。

環境?
メンタル?
練習時間?

いろいろあると思います。

でも今までやってきて一番大事なのは、やっぱりきちんとした練習なのかなって思います。
何でも適当にやっていてはうまくならないもんですよね。

ダーツって結局毎回同じ動作をいかにできるかの反復運動が大事なスポーツですから、生半可な練習では体にしみこまないですよね。

でも一般人はそんなに時間を費やせないでしょうから、効率的な練習方法を確立して少ない時間で反復動作を体に覚えこませなければなりません。

なので、週1で何時間も練習するより、1日30分でもいいから練習することが大事な気がします。

毎日ダーツバーに通うのは大変ですから、自宅にボードを設置して家で練習するとか、それも難しいときには、素振りですかね。
毎回同じ動作をすることを体に覚えこませる必要があると思います。

うまくいかないから、投げ方を変えてみる人多いと思います。
私もずーとそうしてきましたが、投げ方が悪いんじゃないんだと思います。
同じように投げれないだけ・・・
だって調子よければそこそこHATとか出せるわけですから、投げ方がそんなに悪いわけではないですよね。
だから、ある程度形が決まったら、ひたすらその投げ方で投げて固定したほうが良いのではないでしょうか。

だってどんなにうまい人でも利き腕と反対で投げたらたいしたことないですよね。
うまく投げれるイメージは持っていても反対の手ではうまく投げれないってことです。
毎回同じ動作ができないんですね。


実際にボードの前に立ったとき手の振りを意識して投げていますか?
素振りしたほうがいいといいましたが、実際に投げるのと素振りとはやっぱり違います。
リリースのタイミングとか、手の開き方、フォローも・・・

ダーツバーに友人と遊びに行ったときに、なかなか練習モードってわけにもいかないとは思いますが、週1,2回しかいかない数少ない実践で投げ方を意識して投げないとやっぱり上手くなれませんよね。

楽しく投げれればそれで良いんですが、やっぱり上手くなりたいですよね^^
であれば1スロー、1スローを大事に、スタンスや手の振りを意識して投げる癖をつけたほうがいいと思います。
毎回同じ場所に手が伸びているかフォローを確認する癖をつけると自分の間違いに気づきやすいです。


私も昨年末イップスかどうしてもダーツが飛ばない時期があっていろんな人に聞いて見たり、投げ方を変えてみたりしたけどだめでした。2ヶ月ほど、利き腕とは反対の手で投げていたくらいです。
(右のほうが圧倒的にダーツの飛びは良いんです^^;)

でも利き腕じゃないとどうしてもしっくりこない。
結局左に戻してなんとか以前のレベルまでは回復しました。

左右の飛びの違いから左手の飛びの悪さが、リリースのタイミングのあることがわかり、リリースを遅らせることでダーツの飛びを取り戻しました。
今でもちょくちょく飛びがおかしくなるので、調整中ではありますが・・・



上手くなるためには環境も大事だなぁって思います。
特に初級、中級ぐらいですと、すぐには自分の投げ方がおかしいの気がつかないことが多いですよね。
そんなときに、『最後にひじが下がってるよ』ってな簡単なアドバイスを言ってくれる人が周りにいると上達は早いと思います。

そんな仲間が簡単にできるのもダーツの魅力ですが、さすがに自分の殻に閉じこもっていては仲間も出来ませんので上手い人に積極的に声をかけてノウハウを盗みましょう。
でもここで注意が必要なのは、アドバイスの良し悪しは自分で判断し鵜呑みにはしないこと。

人によって投げ方が違いますから、教える内容も当然違ってきますので、自分に合いそうなアドバイスは受け入れて、ちょっと違うなって言う場合は受け流しましょう(否定するのではなく)


後はメンタルですよね。
技術あってのダーツですが、メンタルの重要性はどのスポーツよりも高いです。
結構練習しているとバンバンbull入るのに実際にゲームにあると入らない人(空投げ番長)っていますよね。

少しの緊張が指先のコントロールを変えてしまう繊細なスポーツですので、メンタルは重要ですね。
大きな大会というわけでなくても、ここ一番で狙った場所にって時には力が入ってしまいますので・・・

緊張するとペースが速くなりますので、自分のペースを取り戻すために一呼吸おく癖をつけたほうが良いですね。
間の取り方が大事だと思います。


えらそうなことを書いておきながら自分も出来ていないことばかりです^^
ダーツ上手くなりたいし、上手く慣れなくても楽しいのでずっと続けていきたいです。

また一人でも多くの人がダーツのすばらしさに出会い、共感してもらえたらと思います。



手汗改善マニュアル 森潤平 効果
スポンサーサイト

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

今日は久しぶりにダーツ上達について考えたいと思います。
長いです(-_-;)


自分自身、少しずつですがレイティングは上がってきていてます。(今日時点で4.96)
でもダーツ初めて8ヶ月目ですので決して成長は早くないと思いますし、センスもないようです。
早い人は3ヶ月でAAフライトまで行く人もいるみたいですし・・・

でも私自身、ここ1,2ヶ月で着実にレベルアップしてきている実感があります。何でかなぁと思っていたんですが、きっと以前に比べて投げている量が増えたからなんだと思います。
あと、投げ方をちょこまか変更しなくなりました。
以前はグリップ変えてみたり、スタンス変えてみたりテークバックの位置変えてみたりとそれはしょっちゅう改善(改悪?(^_^;))を繰り替えしていたんですが、最近は自分で投げやすい投げ方でひたすら投げています。
毎回同じように投げていると段々体が覚えてきてスローが安定してきます。


始めた当初はいろんな人に、
どうしたらダーツがうまくなるのか?
どういう投げ方がいいか?
グリップは?
練習方法は??
どれくらいでそんなにうまくなったの?
・・・なんて、それはもう質問攻めをしていました。
始めたころって悩んでばかりで、いろんなこと考えすぎてしまうんですよね

しかし返ってくる答えは千差万別
まぁ、少しでもダーツやっている方は判ると思いますが、ほんとダーツって投げ方にしろ、スタンスにしろ、グリップにしろ、みんなバラバラで、要は『これ』といった正解がないですから返ってくる答えも当然バラバラなわけです。

それでも自分なりにかっこいいなぁって思う人がいてその人の投げ方をまねしてみたりするんですが、うまくいかないんですよね?
骨格とか、柔軟性とか、投げ方の癖とか人によって違うので理想の投げ方と自分にあった投げ方が違うんだと思います。
理想と現実はちがうんですね、なにごとも。


ダーツは非常にシンプルです。
投げている間は、相手がディフェンスをかけてきたり、チームメートの動きをみてパスを出すこともありません。
ただ単にスローラインに立ち、目標の的に矢を投げるだけです。
難しくしているのは自分自身で、余計なことを考えたり、余計な力が入ったりして失敗します。

私程度のレベルでもHATがチョコチョコ出せるわけですから、技術的にはそんなに難しくはないのでないかと思っています。(Blackは狙って出すのは難しいと思いますけどね)
精神が安定していて、リキみがない状態のときは狙ったところに投げるのってそれほど難しくはないですよね。

それでもうまく出来ないのは、やっぱりリキみなんじゃないかと思います。
後は成功するっていう自信(成功のイメージ)ですかね。

上達するにはある程度の技術は必要です。
これは練習しかないです。
こうと思った投げ方を決めて、ただひたすらBULLに向かって投げる。
やらなきゃいけないことは非常に簡単です。

3本投げる間
1.絶対に体を動かさない
2.ボード(目標)から目を離さない
3.構えたら投げ終わるまでひじから下を動かさない


後は毎回同じ場所に構えて、同じ場所に引いて同じ場所に投げることを意識してひたすら練習していると、段々自分でイメージしている場所にダーツが行くようになります。
どの辺でリリースすれば良いかとか、振りが曲がっていて左右にぶれているのも自分で判るようになってきます。

ある程度投げ込んでいると、『あぁこうやって投げればいいんだな』っていう、納得のいくスローが出来るときがあります。
後はそれをいかに常に出すことが出来るかだと思いますので、成功のイメージを忘れないことが大事なんじゃないかと思います。

ここまでの練習は素振りでも出来ますから、時間のあるとき、人目がないとき(笑)は素振りもやりましょう。
最近、電車の待ち時間とかに素振りをしている自分に気づき『はっ!』とすることがありますが、ゴルフの素振りより怪しいですし、ゴルフより素振りの市民権(?)を得ていないので気をつけてください。(ほとんどの人から見て何やってんだかわかりませんから!そうとう怪しいです!!)
なんだか『ザ・たっち』の『ちょっとちょっと!』見たいですしね

BULLの練習はCount-upよりEagle's Eyeの方が緊張感がありますし、成績がシビアなので良いと思います。
始めのうちは点数入んないからつまんないですし、何より周りの『へたくそ(-"-)』的な目線が気になる気もしますが、うまくなるための練習ですから気にしないでやりましょう。
200点(S-BULL 8本)をまずは目標にして、250点、300点を目標に練習していくと良いと思います。

BULLがある程度狙えるようになったら、クリケットナンバーを中心に、各ナンバーを狙う練習も必要です。
普通BULLとは構える位置も目標とする場所も違うので、個別の練習が必要です。
BULLとクリケットナンバーを交互に狙うのも効果的な練習だと思います。
後、あまり皆さんゲームをされませんが『アレンジマニア』なんかも非常に効果的な練習だと思います。
(もっともある程度のレベルの人は面白くないゲームではあると思います)


私は調子の良し悪しとは別に、当日投げ始めはいつも調子が良くありません。
どうしても投げ始めは、思ったとおりのスローが出来ず、成績を落とします。
いわゆる肩が暖まっていない状態とでも言うのでしょうか。

これも前回の成功のイメージを忘れてしまっていているからなんだと思います。
上手な人は、いきなりゲームをし始めても普段のスローが出来る人が多いですよね。
(中には、スロースターターの人もいますが・・・)
自分の中のイメージが固まっているんだと思います。

このレベルになれば、レイティング7,8位(B,BBフライトの中間ぐらい)に行けるんじゃないかと思っています。


家庭用ワインセラー

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら

自宅での練習方法ですが、先に書いたイメージトレーニングとは別に、ダーツボードを買って、練習できると良いと思います。
自宅にダーツボードがあると、フォームやスローの確認が出来ますし、ダーツに触れている時間が長くなると思います。

ダーツはメンタルスポーツといわれますが、技術的な基礎があって初めて狙ったところに入るのはわかりますよね。
何はなくとも練習、後は対戦時の相手に負けない気持ちと平常心を保てる強い気持ちが必要なんだと思います。
練習ではすごいけど、対戦すると弱い人(逆の人も?)っていますよね。


ダーツボードですが、エレクトリックダーツも良いですが、自宅で練習用に買うのであれば点数計算は出来なくても良いので、ハードダーツがお勧めです。

ソフトダーツは刺さったときの音が大きいので、自宅での利用は周りの迷惑になりますし、値段も高いです。
自宅で対戦ゲームが出来るのであれば、別ですが練習目的であればブリッスルボードが良いと思います。

ブリッスルのハードダーツであれば、1万円以下で買えますので設置が出来るのであれば買って自宅でも練習しましょう。

ポールリムも言っていましたが、ハードダーツに投げてみると自分のダーツの軌道(というかダーツボード到達時のダーツの向き)が分かります。
私も以前確認したときにダーツが3本とも11時の方向から刺さっているのに気がつきました。(左利きです)
よくソフトダーツで刺さらないことがあったんですが、軌道がおかしいのがはっきり分かりました。

一度確認して見るのをお勧めします。



プレミアムロト6 石井隆

↓↓↓ランキングに参加しています。 ワンクリックご協力をお願いします↓↓↓
 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ  ←ダーツ1位は?

       ダーツ!上達したい?       TOPプロの上達方法はこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。